CRI、TLCI、TM30、CQSとは何ですか?

2020-10-17
image

CRI

CRI(演色評価数)は、光の質を判断するために一般的に使用される標準です。太陽光を基準にすると、光の色再現スケールを反映することができ、値の範囲は0〜100です。測定されたCRI値が低すぎると、人間の目に見える色のずれを引き起こす可能性があります。スタジオ照明業界では、CRI≥90は「良い」と見なされています。

Honor 300 Zoom CRI

R9

R9は、「飽和赤」の演色評価数であるCRIで比較的重要な値です。 R9は、光源の最終的な品質をさらに定義できます。一部の光源は赤が不足しているため、CRIが80を超えていても、光源の品質が非常に優れていることを証明するものではありません。

TLCI

CRIと比較して、TLCI(Television Lighting Consistency Index)は、カメラのLED光源の色性能をより正確に評価できます。一般的に、TLCIが高いほど、カメラがプログラムを撮影しているときの効果が高くなります。

TM-30

TM-30-15は、2015年に北米照明学会(IES)によって発表された光源の演色性を評価するための新しい方法です。CRIの8つの色インジケーターと比較して、TM-30は99の色評価サンプルを使用します。精度と信頼性が大幅に向上し、RfとRgの概念を使用して、それぞれ忠実度と飽和度の値を表します。

2018年、IESは新しい光源の色品質評価基準TM-30-18をリリースしました。これは、いくつかの機能、測定間隔、および計算スケール係数を調整しました。

Mini Profile 20 TM30

CQS

CQSは、NISTの研究者によって開発された色品質スケールです。国際照明委員会によって提案されたCRIは、不飽和色と少数のサンプル色の使用にいくつかの問題があったため、CQSはより高い彩度の色を使用し、光源を評価するために15の新しい色を提案します。 100は最高の光源品質を表し、0は最低の光源品質を表します。